夜行バスの値段が変わる3つの条件とは?

チケットを取るタイミング

1年を通して、夜行バスの値段は一律ではなく、常に変動するのが一般的です。その要因になるものはいくつかありますが、中でもどのようなタイミングでチケットを取るのかによって大きく違ってきます。例えばゴールデンウィークやお盆、夏休みや年末年始といった繁忙期に比べると、それ以外の閑散期の方がチケット代が安くなる傾向にあります。 また、できるだけ早めに予約を入れておくのも、夜行バスの料金が安くなる場合が多いです。これはバス会社によって多少の違いはあるのでしょうが、ほとんどの場合は乗る1ヶ月前に予約をしておくともっとも割引額が大きくなります。それから2週間や1週間前、キャンセルが出た時でも安くなることはあるのです。

他にも安くなる方法があります

夜行バスが安くなる2つ目の条件は、各バス会社が行なっているサービスを利用するというものです。学生や55歳以上のシニアを対象にした割引です。これには学生証や運転免許証といった年齢を確認できるものを持参してチケット売り場に行けば、普通に購入するよりも安く手に入ります。他にもバス会社の中には、身体に障害がある方に関しても割引を行なっているところもあるので、探してみると良いでしょう。 3つ目は、インターネットサイトを通してチケットを買うというものです。窓口よりもネットの方が人件費がかからないため、浮いた経費をチケットの値下げに回せるというわけです。加えてサイトを運営している企業のポイントが貯まることもあって、もしそうなら割引になっているのと同じです。