翌日に疲れを残さない夜行バスの選び方

ゆったりとした席を選ぶ

お手頃な価格で長距離を移動することができる夜行バスですが、選び方を間違えてしまうと翌日に疲れを残してしまいます。では、疲れない夜行バスの選び方とは、いったいどのようなものなのでしょうか。 まずは、ゆったりとした席が配置されている夜行バスを選ぶという方法があります。たくさんの席が詰め込まれている4列シートのバスを選んでしまいますと、席を思い切り倒すことができませんし、手足を伸ばすこともできません。隣の人との距離も近いので、遠慮してしまう場合もあります。 ですので、最低でも3列シートを選ぶことが大切です。または、グレードの高い夜行バスですと、ワンフロアに4~6つの席しかないものもあります。コクーン型の夜行バスも居心地が良いと言えるでしょう。

くつろげるオプションがついている

続いては、座席でくつろぐことができるオプションが付いている夜行バスを選ぶという方法があります。 例えば、スリッパやひざかけやアイマスクなどです。また、歯ブラシやおしぼりや首枕などが付いているとなお良いでしょう。比較的料金の高い夜行バスの場合には、さまざまなオプションが付いていますので、ゆったりとくつろぐことが可能です。 どのようなオプションが付いているのか事前に知りたい場合には、夜行バスの公式ホームページをチェックしましょう。大抵は、実際にどのようなオプションが付いているのかということを明記しています。不明な場合には、電話やメールなどで聞くと良いでしょう。 オプションの多くは、使い切りであるか持ち帰りが可能です。